FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peter Kruder (from Kruder & Dorfmeister) Mix Show


※左からAlex, Peter, Palmer


Peter Kruder (from Kruder & Dorfmeister) Mix Showはこちら


K&Dと言えば、Radio Dig Crewの中に熱狂的なファンがいます。
うかつにK&D絡みのレコードをプレイしたり、
話題にしてしまうと、面倒に巻きこまれます(I君とかね...)。

もちろん、作品集めにも余念がありません。
彼らの足跡は日本文化のように奥が深い。

tosca,peace orchestra等のリリースや、
remixも相当な数があるのに加え、
入手しずらいG-Stoneレーベル、
はぐれメタル級のUPTIGHTレーベルと、
いわゆるレア盤より探しずらくて、
ダビーと言うべきか、ここにもハマる、ハメられてしまうポイントがあります。


今回はPeter KruderとRichard Dorfmeisterの外せない8曲。ほんとハマります。





K&D / High Noon

リリースは1993年。末長いおつきあいです。何べんも聴いてもベースの緊張感に引っ張られます。カッコイイんですよ。好きすぎてこれ以上いえません。YouTubeの動画はこちら

K&D / Sessions

難関、Uptightリリース作品が入ったK&Dの作品集。注目はAphrodelicsのRMXなのですが、今までもかすかに兆候はあったものの、とうとうMCを飛ばしました。これは一線を越えたなという感じです。YouTubeの動画はこちら。

Countbasic / Strange Life(K&D RMX)

UK Soulに浮気してたらばったり再開してしまったレコード。これUK Soulとしても最高です。ですが、やっぱり後半にやんちゃします。この飛びっぷりに前半は布石なのかと疑いたくなります。

Peace Orchestra / same (Peter)

これは深い。こういう作品に出会った時、自分の姿勢はきわめて謙虚になります。「失礼致します」的な、教えて頂きますという気持ち。何度聴き直してもそれが何かはわからないのですが、知らぬ間に作品の虜になっている。そんな調子で今では「Peace Orchestra完璧」と言っています。YouTubeの動画はこちら

Kosma / Odessa (Peter RMX)

このシングル、やけにジャケが分厚いのですが、実はその後インナースリーブで2枚目、3枚目とリリースされていました。要はこの中に入れてくれと、そういう事ですね。初回のシングルに、Peterの13分に及ぶ大作が入っています。Future Jazz, Broken Houseでも最高の1曲です。

tosca / suzuki (Dorfmeister)

あっさり味のsuzuki(鈴木?)を聴いていると初春のツンと刺す寒さを想い出します。ジャケ写のバスローブが気になった人は、G-Stoneのpicsページをご覧ください。ページ最下部の14,19,20あたりの画像は要注意です。曲の試聴はこちら

The Future Sound Of Jazz Vol.4 (Dorfmeister)

K&D関連は、コンピにひっそりと隠れている場合があり奥深さを感じます。この辺もまめにチェックしたいところです。ここにRaioDigCrewマストなtoscaのocean beat、Jazzanovaのcoffe talkなど、コンピのみの曲が多数入ってます。radiodigで聴けます(8.30 Fish)。

tosca / natural high (Dorfmeister)

この7inc7枚組のコンピにもtoscaが収録されています。natural highはむろんお気に入りの1曲ですが、7incでボックスに入っているという理由で、我が家のプレーヤーにしばらく乗っていません。toscaフェチはチェックしてみては。



Peter Kruder (from Kruder & Dorfmeister) Mix Show


Special Thanks to Peter & Warm Crew
スポンサーサイト

Alexander Barck (from Jazzanova) Mix Show

09jazzanova.jpg


今回のRadio Digは、今年で創立10周年を迎える (祝)
ドイツのSonar KollektivからAlexander Barck (from Jazzanova)の
mix showをお届けします。

まるで媚薬の様に僕等を誘うAlexの手腕は健在です。
そして今週末12/22 (sat) には渋谷The Roomでのgigも !?
Don't miss it !!!

Special Thanks to Alex & Warm Crew


Alexander Barck (from Jazzanova) Mix Show


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。