FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリリンモンローNoReturnのフライヤーが

あえてアーティストの名前は伏せておきますが、
フライヤーがイカしてます。
レコードショップでこのフライヤーが視線に入った時、
「あぁ、あの方だな」と分かりました。

ご覧になる方はオンマウスで覗けます。

DJのAGAGAさん、CHINO & N.Eさんにはお世話になっていますし、
ここはお気軽に♪ 遊びにいってみようと思います。


マリリンモンロー NoReturn(フライヤーより抜粋)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4/10 FRI @水戸 月虹舎
Charge:\1500 / 1D
DJ:AGAGA Takeo Lee CHINO & N.E
Door:22:00~
Genre:Hip-Hop,Funk,House,Dub,Techino and ????
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回のイベントフライヤーですが、
全部で4パターン存在することが分かりました。
残り3枚のアートワークも気になりますよね。


じゃ、一気に紹介します。

flyer01flyer02flyer03

*クリックで画像が拡大します。(Firefox Safariで見てね)

どのバージョンも異次元のクオリティーっすw


スポンサーサイト

2 from Full Swing & ss

2.jpg

今日は2 from Full Swingを聴きに下北沢Colored Jamに。
2はFull Swingから派生したHammond organとdsのunitです。

Reuben Willson / Orange peelのカヴァーとかやってたんですけど
HammondってSoulfullですよね。
発するgrooveが黒いというか男臭いというか...
ゴリゴリ弾いてブリブリした音が出ると
わくわくします。nsgtさんはいつにもまして
楽しそうにバリバリ叩いてました♪ (写真でその感じが伝われば幸)

そしてヤマグチさんが持ち込んでいた巨大なHammond用の
ビンテージスピーカー、Leslie Speakerがまた凄い!
(写真手前の木箱みたいなのがLeslie Speakerです)

レスリー・スピーカー (Leslie Speaker) とは?

オルガンの音に空間的な広がりを持たせ、ビブラートを
つけて厚みを増すために、1934年に開発されたアンプ内蔵の
スピーカ・システムです。壁一面に配置されたパイプから音が
聞こえるパイプオルガンと比べ、電気オルガンの音は直接的でした。
人気のあるレスリースピーカは、高音と低音用の二つのスピーカを
持っていて、これに回転するロータがつながっています。音は、
このロータから出てくるのでロータの回転に合わせて音が変化します。

アメリカ人のLaurens Hammondが、教会で使われていた
パイプオルガンの音色をもっと手軽な価格で楽しめるように
という目的で1934年に開発 しました。
しばらくの間は、主に中小規模の教会、アイス・スケートリンク、
富裕層の家庭で使われていましたが、1950年代からジャズで多く
使われるようになり、その後、ロックでも使われるようになりました。
1960年代から70年代前半に最盛期を迎えますが、販売数量の減少、
生産コストが高い、シンセサイザなどの他の電子楽器の出現などによって、
1974年を最後にトーンホイール型のハモンドは生産を中止し、
トランジスタを使用した発音方式に全面的に切り替えられました。
しかし、30年近く経った今でもトーンホイールを使用したオルガンの
人気は高く、日本においても中古市場が存在します。

とのこと。

「このスピーカーの音じゃなければ」って熱意が嬉しい!
好きな人は"楽"しないですよね。


Live後はnsgtさんとnew project : 2djs1dsについて打ち合わせを。
turntablist senn-chanも呼び出し3人であれこれ。
こちらはcoolな音になりそうです。

そして久し振りに会ったsenn-chanのssがこれ。

pisto.jpg

カーボンのホイールや太めのフレーム等々
イカツイけどどこかかわいい。
今日も茅ヶ崎まで走ってきたとか。
「見える景色が違う」という言葉にドキッとしました。



Rehearsal & 0314"Gathering"後記

Studio_20090323001716.jpg

リハの日程も決まり
いよいよです。

ピアノは名器Steinway!

胸が高鳴ります。


そして先週の"Gathering"@Officeの後記も併せて。
DirtyFatO君! 素敵なReggae & Loversをありがとう♪
Farah & Taclowはいつもの感じかな。


DirtyFatO's Plays List ●

Slowly_UniversalThing.jpg

Hypnotic Brass Ensemble / Jupiter
Slowly / Universal thing
Miles Davis / So what - Shoes edit
The Cats / Swan lake
Marcia Griffiths / Don't let me down
Todd Rundgren / I saw the light - another take
Clementine / Give me little more
Tommy McCook / Ranglin on bond street
Frisco / Beach thunder
Tom Tom Club / Genius of love - Yam Who? edit
and more...



Taclow's Play List ●

nuflavor.jpg

Christopher Williams / Every little thing u do
Kym Sims / shoulda known better
Tene Williams / Just a matter of time
Chuckii Booker / Turned away
For Lovers Only / Gowiththeflo
Malaika / Gotta know
Tanya Blount / I'm gonna make you mine
The Affair / The way we are
Nu Flavor / Sweet sexy thing
For Real / Lil bit
and more...



Farah's Play List ●

Henrik Schwarz

The Detroit Experiment / Think twice - Henrik Schwarz remix
Koop / Soul for Shahib
Curv / Killer
Marys Mine / Missing you
The Third Degree / Mercy
Nat King Cole / Day in - Day out - Cut Chemist remix
Amy Wihehouse / Tears dry on their own
Jazzanova / Lucky girl feat. Paul Randolph
Charles Earland / Milestones
The Wooden Glass featuring Billy Wooten / Day dream
and more...




Vinyl Shop "dig-House"

large.jpeg

最近、昔同じ釜の飯を食った戦友達が
次々とそれぞれの夢を実現させています。

今回紹介するdig-Houseは、D○Rの元同僚で
house店のCrazyなYFを律儀にサポートしていた
"出来る男"Shigeruが地元宮崎でオープンさせた
house, techno, deep house, electro等の
新譜&旧譜を扱うレコード・ショップです。

この度、実店舗をオープンさせたのですが、
勿論net shopもあるので、良質なhouseやその近辺の
打ち込み系の音を探している人は
是非Check!してみて下さい。
そして宮崎を訪れた際は是非こちらでdigを!

Forza Shigeru




秘密の宮廷ゴールデンタイム SP [坪口昌恭Quartet Live]

坪口昌恭Quartet

2009.03.29 @水戸 BUBBLE
OPEN 18:00~
LIVE 20:00~

-- LIVE --
坪口昌恭Quartet

-- DJ --
箱庭KILLER(AGAGA + Mr.VTR)
NaIan
iGari
DJ-O2ki
Bishop-Sin

-- VJ --
Yoshinori Koutaka(K5 ART DESING OFFICE)

-- FOOD --
Sensuikan SUIKEN

-- Charge --
前売り \3000/1d
当日  \3500/1d



[秘密の宮廷ゴールデンタイム]
http://www.secretgoldentime.com/

[チケット問い合わせ]
secretgoldentime@hotmail.co.jp
※前売りをご希望の方は
お名前・電話番号・枚数を明記の上送信下さい。


Henrik Flavor vol.2 by Henrik Schwarz

16henrikschwarz1.gif

Henrik SchwarzのMix第2弾です。

vo.1と比べるとHenrikが得意とするAfro tasteがより
濃厚になっていて、フロアを意識した音になっています。
後半のドラマティックな展開がいいですね。

Henrik Flavor vol.2 by Henrik Schwarz



"Gathering"@Office 3/14 (Sat)

Office_20090312003837.jpg

"Gathering"@Office

3/14 (sat) 21:00 - 26:00 / no charge

Farah, Taclow Tsyam & ??? が贈る音楽とともに
日々皆が感じている様々な話題or疑問を
徒然なるままに語らっています。
気負いのない楽しい夜の一時です。
ふらっと遊びに来て下さい。

今回の???は元D○Rの同僚DirtyFatO君です。
彼が手がけた"Disco Devil"のreissueにはお世話になった方も
多いのでは!? Lee Perry絡みの良質なReggae & Dubが
たくさん聴けそうですね。
楽しみです。

Office ( >>access )
5F Yamazaki-bill 2-7-18 Kita Aoyama, Minato-ku Tokyo
Tel : 03-5786-1052





Shina Pri→ nuun → Spuma → Tantanto → kong tong

dex.gif


友人の結婚式で初品プリ
(正装です)

36階の札幌で祝杯!!!
(36階なのに窓が無いのが残念!)

素敵な結婚式でした。
まっちゃん & しずちゃんおめでとう。

新郎新婦からの依頼もあり3次会の会場
nuunで2時間半ほどDJ。

Sleeveの"Hipness"に皆反応していました♪
流石Stevie / Asネタ。




翌日、早朝迄の語らいの余韻も覚めやらぬまま
渋谷Spumaへ。

そうこの日は六弦倶楽部のLive!
今回は3組中ラストの演奏でしたが、
やはりと言うか流石と言うか圧巻のパフォーマンス!

改めて六弦倶楽部の潜在能力を見せつけられました。

そして終了後、成さんと即行Meetingで成さん即決!
コラボ決定です。お楽しみに!
プロは仕事も決断も早いですね。


その後、禅を主催する誉のBirthday 12時間 DJの
助っ人に三茶のTantantoへ。

"Obligado Dilla"を見まくっているせいでしょう
The Pharcyde / Runnnin'ネタモノmedley等といった
ベタなことをやらかしてしまう。

これまたDJ Nutsの影響で、やたらと擦っていたら
「DJ Hasebeか」とつっこまれるw

Hasebe氏のDJを生で聴いたことがないので
どう反応していいのかわからなかったりもするのだが...

そうこうしていたらデルタ地帯出禁となったらしいw
Sueに久し振りの再会、
会うべくして会う人には会うんですね。




そして39kong tong。
時間が無さ過ぎてそして友人のあまりにも混んでるとの
一言で入口付近で無念のUターン。

大地君&福田さん5周年?おめでとう。

お店が落ち着いている時に
またお邪魔します。







Da ya think I'm sexy? by DJ Stain Alive

DaYaThinkImSexyCover.jpg


前回の"Disco Devil"に続き、今回もDJ Stain Aliveさんが
世界中から掘ってきた怪しげなCover Disco ものが満載のMixが
到着したのでご紹介します。

Da ya think I'm sexy? by DJ Stain Alive


あの"Tequila"もピュン・ピュン・ディスコになってるし
Bee Gees / Stain' aliveもやたら陽気なインド・ディスコだし
一体どうやってこういう変なカヴァーを見つけてくるんでしょうね?
相当好きなんですよね、彼。
それにしてもどのカヴァーもかっこ良くないな~

まさに脱力系ディスコ天国!


因に一緒に送ってくれた本MixのPVは
DVDの規格が異なっていて再生不可でした...残念
どんな映像なのか気になりますね。


先程Stain Aliveさんから詳細なプレイリストが届いたので
ご報告します。
気になっていた謎のカヴァーもこれで解決ですね。



■Playlist■

01) Orquestra Revelation – Cumbia Montaina 2 from DJ Vampiros presents La Sonidera Colombiana – CD/R (2007, CD)
Crazy cover of Rod Stewart’s (s)hit.

02) Daniele Sepe und Rote Jazz Fraktion – Vivimus from Daniele Sepe und Rote Jazz Fraktion – Kronomakia – Il Manifesto (2008, CD)
Disco-Medioeval rendition of the classic hit by the Neapolitan saxophonist and band leader, sung in Latin.

03) Balkan Beat Box – Bulgarian Chicks from Balkan Beat Box – s/t – Essay Recordings (2005, CD)
Fusion of Balkan brass driven melodies and electro-punk bassline: drum & brass?

04) Bobby Solo – Crossongs: Medley from Bobby Solo – Rock’n’Roll – Emi (1979, LP)
Bobby Solo is an Italian crooner, here in a disco-fashion tribute to the king of rock’n’roll.

05) Messer Chups – Trashman Upgrade from Messer Chups – Miss Libido 2000 – Solnze Records (2000, CD)
Doped remix of Trashmen’s Surfing Bird by the band from St. Petersburg, Russia.

06) Abwärts – Moon Of Alabama from Abwärts – Computerstaat – Zick Zack (1980, 7” EP)
From Hamburg, one of the first punk/neu welle band from Germany here in a classic of the German Theater Kabarett.

07) Bastion – Deca Sunca from Bastion – Bastion – Produkcija Gramofonskih Ploča Radio Televizije Beograd (1984, LP)
From Skopje, Macedonia (one of the many states of former Yugoslavia) a great new-wave, synth-pop band. One of the founder, Kiril Džajkovski, became later an appreciated movie score composer.

08) Abwärts – Computerstaat from Abwärts – Computerstaat – Zick Zack (1980, 7” EP)
"Stalingrad, Stalingrad Deutschlands Katastrophenstaat Wir leben im Computerstaat" (Stalingrad, Stalingrad the city of the German catastrophe – we live in a computer state) few of the optimistic lyrics of this manifesto song.

09) United Balls – Pogo In Togo – Jupiter Records (1981, 7”)
From Munich, Germany – exponents of the more amused wing of the Deutsche Neue Welle in their most successful song with the silliest lyrics ever. Occasionally still active.

10) Bo Boss – Tequila – Il Discotto Productions (1982, 12”)
Synthetic, silly, catchy and sexy sound: italo-disco number at its best (worst?).

11) Resonance – OK Chicago – Sirocco Records (1974, 7” )
Tight wah French funker, gunshots, overdubs, screeching tires and more.

12) The Pointer Sisters – Pinball Number Count (DJ Food Reedit) – Ninja Tune (2003, 12”)
Do you know any better way to learn to count up to 12?

13) The Funkees – Akula Owu Onyeara from AV – Nigeria Special: Modern Highlife, Afro Sounds & Nigerian Blues. 1970-76. Part One – Soundway (2007, 12” reissue)
Obsessive Detroit House-like bassline 10 years before.

14) Dancing Djedi – Body Surfin’ – G.A.M.M. (2005, 12”)
Mos Def, Q-Tip & Tash over an Ernest Ranglin's beat.

15) Crystal Castles vs. Health – Crimewave – Trouble Records (2007, 7”)
Orginally by the Health, the 8-bit devoted Canadian duo Crystal Castles turns it into a spooky electro-punk side.

16) Pino D’Angiò – Ma Quale Idea – Bellaphon (1981, 12”)
Funny lyrics. Pino describes his clumsy attempt to to pick up a kinky little girl while dancing on the dance floor; apparently with success.

17) Clément Mêlomê et L'Orchestre Polyrythmo – Zoun Mi Bo – Aux Ecoutes (mid 70's, 7”)
Sweet afro groove from Benin.

18) Imam Baildi – Kukin Hiotis – Augui Dub (2007, 12”)
Clash of civilizations works sometimes: old school Greek musician Manolis Hiotis meets Jay-Z.

19) The Benzedrine Monks Of Santo Domonica – Da Ya Think I'm Sexy from The Benzedrine Monks Of Santo Domonica – Chantmania – Rhino Records (1994, CD)
The brothers of Santo Domonica's answer to the gregorian chant craze of the early 90's


六弦倶楽部

Rokugenkurabu.jpg

dsのnsgtさんと現在進行中のProjectの打ち合わせをしていたら、
「Liveに遊びにこない」と誘われたので赤坂グラフティに。

そのお誘いメールに記載されていた名は

六弦倶楽部

角松敏生やMisia等、数多くのミュージシャンをサポートしてきた
gの成さんが、自身の表現したい音に目覚め、それを契機に結成された
Jazz Acoustic Trioです。

前日にmy spaceで音源を聴き、かなり好感触だったので
Liveへの期待は否応なく高まっていき...

開演

大人の余裕が産み出す深くて暖かいサウンド。
Jazz meets AORな心地良い空気で会場を覆いつつも
時にはFunkyな顔を覗かせ、その情熱をあらわにしたりと
瞬く間にラストの"視点"に。

六弦倶楽部

贅沢で楽しい一時をありがとうございます。

特にMilesの"Milestone"を彷彿とさせる"East side story"は、
タイトな板さんのbも腰にくる、
Radio Digお薦めのナンバーです。

当然なんですが、六弦倶楽部の様な生音は
CDやサウンド・ファイルで聴くよりも、
圧倒的に現場=Liveですよね。



Live終了後にはnsgtさんとのlong meetingに突入しつつも
成さんや板さんともお話しし、
特に成さんとは今後の展開について色々と話し合い
盛り上がってしまいました。

この素敵な出会いから、おもしろい音が届けられそうです。
楽しみにしていて下さい。




それにしても去年のJose James meets J.A.M
そしてJukka Eskola with Nicolas Winter以来
久々のLiveでしたが、現場は楽しいですね。
これからも積極的に課外活動にいそしんでいこうと
思います。




次回の六弦倶楽部のLiveは3/8(日)に
渋谷のSpumaで21:10~からです。
気になった方は足を運んでみて下さい。

03-08-2009 19:30@渋谷spuma
Cost: 1500円+1drink1food Order
http://www.spuma.jp/ 渋谷区神南1-17-4神南ビルB1F

Open19:00/Start19:30 / Charge1500円+1drink1food Order
Live Act: 由布花 / 19:30~/山上 剛 / 20:20~/六弦倶楽部 / 21:10~




因に今回から突如として開始された新カテゴリー"Spirits Up Above"。
音楽を愛しそれ故に人生までも捧げてしまったMusic Lover達との
素敵な出会いと、その結果引き起こされるspecial & etcをお届けしていきます。

またとある方から楽曲提供のお誘いも頂いていて、(形になったらご報告しますね)
夏頃にはvinyleでお届け出来る予定です。
いい流れが来ているみたいです。






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。